DMEメソッド・カランメソッド 英会話スクール体験記
巷で話題のDMEメソッド、カランメソッドを導入している英会話スクールの体験レポート&レッスン記録です。
カランメソッド Stage毎の消費レッスン数
 現時点でのQQ English カランメソッドのStage毎の消費レッスン数の記録です。
なお消費レッスン数は1コマ25分で、Full Book Revision(各Stage終了後のStage全体のおさらい)も含んでいます。
スクールによっても進捗度合いは異なるのではと思いますが、皆さんの進捗と比べてどうでしょうか?
Stage12が終わるころには英語ペラペラになっているのかな?
財布がペラペラになっただけだったらちょっと悲しいなぁ。
*Stage4から2012Editionです。

ステージレッスン進捗度開始日終了日
Stage16100%2012/07/072012/07/18
Stage224100%2012/07/212012/10/07
Stage321100%2012/10/072012/12/02
Stage450100%2012/12/022013/07/14
Stage556100%2013/07/132014/08/21
Stage648100%2014/08/212015/02/26
Stage749100%2015/02/262017/09/19
Stage872100%2017/09/192019/06/26
Stage975100%2019/06/262021/01/27
Stage1088100%2021/01/272022/01/04
Stage119193%2022/01/04
Stage12

DMEメソッド Stage毎の消費レッスン数はこちら



テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

QQ English R.E.M.S.について
知らない間にQQ Englishに新しいメソッドR.E.M.Sが追加されていたので、試しに受講してみました。

初回はレベルチェックで、2回目から授業でしたが、短期記憶が苦手のため非常に苦痛でした。
自分にとって何が辛いかというと、聞いたセンテンスを記憶して完璧に復唱することを要求される点です。
私の場合は、英語とか関係なくメモを取らずに記憶しようとすると最初のほうをすぐに忘れてしまいます。
VERSANTでも同様の試験があり過去にも努力が足りないと散々言われましたが、これは学習障害の一種と思われますがいくら訓練しても無理でした。
さらに途中で"add"だとか"change"とか言われると、文の一部なのか指示なのか良く分からず混乱しまくり。

瞬間英作文のように、単文から徐々に複雑な文章を作るための訓練に良いと思いますが、
私の場合はそっくりそのまま正確に復唱しないと次に進まないのが非常にストレスでした。
完全な文章の形で覚えている訳ではなく、聞いたものをニュアンスで理解してイメージを思い浮かべ、
それに対して何を話すかを考えるためです。



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

セブ島 プチ語学留学体験 その1
転職前の会社で技術系の仕事をしていた時は、海外のベンダーとのやり取りで英語を使っていましたが、SEのような仕事になってからは、英語を使う機会が皆無になってしまい、語学学習に対するモチベーションも低下してしまい、オンラインレッスンもサボってしまっていました。

転職後初日に洗礼を受けた直後、まずはQQEnglishのオンライン英会話を再開しました。カランメソッドだけでなく、トピックカンバセーションを多めにして、会話する機会を増やしました。しばらくサボっていたのでやはりスムーズに言葉が出てこない日が続き、焦りまくってました。

そんな中QQEnglishの留学のページを見つけ、ふとGWに1週間セブ島に行ってみようかなと思い、ちょうど雀の涙ほどの退職金が入ったタイミングだったのと、GWはすぐに埋まりそうな気がしたため正月明けすぐに勢いでセブ島のQQEnglishのレッスンを申し込んでました。

基本的に月曜入学の金曜卒業で、正味レッスンは5日間ですが1日10時間以上英語を喋る環境もなかなか無いですし、長年オンライン英会話でお世話になっている先生方にも直接会ってご挨拶できるのも楽しみにしてました。申し込みはホームページから日程、宿泊先、送迎有無、レッスンコースなどを記入すると、事務局からメールが来て振込等を行えば完了です。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

転職後の英語について
転職後初日にいきなり本社との電話会議に参加することになったのですが、とにかく音声がほとんど聞き取れなくて戸惑いました。1つは電話の音が高音がカットされた感じで聞き取りづらいのと、英語が訛っていて何を言っているのか分からない状況でした。また、思いのほか英語を使う頻度が高く、週報、e-mail、プレゼン資料は日本人同士であっても基本英語。こんな状況で3ヶ月の試用期間が乗り切れるのだろうか、これは非常にヤバいなと初日が終わり帰る電車の中で焦りまくってました。
これまではTOEICスコアで一喜一憂していただけであり、ビジネスで使えるレベルには全くない事を痛感した日でもありました。

オンラインの英会話はずっと継続していましたが、何か取り組みを変えていかないととすぐに考え始めていました。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

転職と英語について
久しく記事を書いていなかったのですが、

長年勤めた会社を辞めて、新しい環境で再出発しました。

 まさか自分が転職することになろうとは思いもよらなかったのですが、前の会社は入社以来ずっと売り上げが右肩下がりで、入社時の約半分ぐらいに低迷してしまっていたのと、新規の技術開発を止めてしまい、技術者としての活躍の場が奪われたためです。

転職先は外資系で、TOEIC800点が条件の1つだったため、英語学習も少なからず役には立ったのかなと思います。

 転職先での英語についてはまた後日改めて書きたいと思います。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育